第33回 東北矯正歯科学会大会

師、曰く







各種申込はこちら





2017年5月13日(土), 14日(日)

@にぎわい交流館AU(あう)
〒010-0001 秋田県秋田市中通 1-4-1
Tel: 018-853-1133

平成29年5月13日(土),5月14日(日)の両日、第33回東北矯正歯科学会大会を秋田県が担当し、秋田市にぎわい交流館AU(あう)にて開催させていただきます。

今大会では『 師、曰く 』をメインテーマとしました。日々矯正歯科を学び、研究し、臨床を行う私たちに、この道の第一線で活躍され、多くの後輩たちを指導されておられるお二人の師匠から、“熱いメッセージ”を頂戴したいと思います

ここ数十年にわたる日本経済の停滞、イスラム過激派に代表されるテロや北朝鮮の核問題といった社会不安や、東日本大震災という未曽有の大災害を経験し、我々東北人は常に不安と先行きの不透明感といった悲観的な感情を携えながら日々暮らしております。

これは世間一般の人々だけではなく、矯正歯科に携わる私達にも当てはまると思います。このようなに時代にあっても、いやこのような時代だからこそ、閉塞的な状況を打開する道標が必要です。

この度、東京医科歯科大学名誉教授の黒田敬之先生、赤坂まつの矯正歯科院長の松野功先生に、特別講演をお願いいたしました。

お二人の師匠から、厳しい時代の中でも、矯正家として明るく元気に生きていく勇気と知恵を伝授していただきたいと思います。

また、例年通りに3大学のシンポジウム、学術展示、症例展示を企画しております。

緑風薫る千秋公園のほとりで、美味しいお酒を準備して、皆様のおいでを心よりお待ちしております。





第33回 東北矯正歯科学会 秋田大会
大会長 安藤 葉介




[[ seminar.type ]]

[[ seminar.title ]]

[[ seminar.name ]]
[[ seminar.position ]]
ランチョンセミナー
業者による商品説明会
3大学若手シンポジウム 「各大学での臨床と重点研究の紹介」

桑島 幸紀 (岩手医科大学歯学部口腔保健育成学講座歯科矯正学分野助教)
清流 正弘 (東北大学大学院歯学研究科顎口腔矯正学分野助教)
佐藤 直生 (奥羽大学歯学部成長歯学講座歯科矯正学分野講師)
13:00 - 受付 3F ホワイエ
13:00 - 16:00 学術・症例展示 搬入
4F 研修室4
症例報告 搬入
4F 研修室5
商社展示 搬入
3F ホワイエ
16:40 - 16:50 開会式 3F 多目的ホール
17:00 - 17:45 総会 3F 多目的ホール
18:30 - 20:30 懇親会 秋田キャッスルホテル7Fアゼーリア
9:00 - 受付 3F ホワイエ
9:15 - 10:15 特別講演1
「師に教えて頂いたこと」
黒田 敬之 先生
(東京医科歯科大学名誉教授)
3F 多目的ホール
10:25 - 11:25 特別講演2
「私の矯正学の師」
松野 功 先生
(赤坂まつの矯正歯科院長)
3F 多目的ホール
12:00 - 13:00 ランチョンセミナー
3F 多目的ホール
13:10 - 14:10 学術・症例展示・症例報告 討論 4F 研修室4,5
認定医更新用症例審査および口頭試問 4F 研修室3
3大学若手シンポジウム
「各大学での臨床と重点研究の紹介」
3F 多目的ホール
14:15 - 14:45 「連携診療と研究 –口唇口蓋裂と睡眠時無呼吸症–」
桑島 幸紀 先生
(岩手医科大学歯学部口腔保健育成学講座歯科矯正学分野助教)
14:50 - 15:20 「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療および臨床研究」
清流 正弘 先生
(東北大学大学院歯学研究科顎口腔矯正学分野助教)
15:25 - 15:55 「奥羽大学歯学部成長歯学講座歯科矯正学分野での臨床と研究の紹介」
佐藤 直生 先生
(奥羽大学歯学部成長歯学講座歯科矯正学分野講師)
16:00 - 16:10 質疑応答
16:15 - 16:35 日本矯正歯科学会 倫理・裁定委員会からのお知らせ
五十嵐 一吉 先生 (日本矯正歯科学会 倫理・裁定委員)
3F 多目的ホール
16:40 - 16:50 閉会式 3F 多目的ホール
15:30 - 16:30 学術・症例展示,症例報告 搬出
12:00 - 13:00 学術委員会 4F 研修室4
編集委員会 4F 研修室5
広報・IT・危機管理委員会 4F 研修室6
13:10 - 14:40 理事会 4F 研修室3
14:50 - 15:50 評議員会 4F 研修室1,2
16:00 - 16:30 次期評議員会 4F 研修室1,2

演題募集要項 (学術展示・症例展示・症例報告・認定医更新用症例報告)


演題のお申込は,事前にEメールに名前,所属,住所,電話番号を明記の上,大会事務局抄録担当までご連絡ください.
演題申込用紙および抄録用紙の書式ファイルをお送りいたします.
東北矯正歯科学会ホームページ http://touhoku-ortho.org 内で第33回東北矯正歯科学会大会案内をご覧いただけます.演題申込用紙および抄録用紙の書式ファイルはこちらからもダウンロードできます.
Emailが使用できない場合は,郵送での申込が可能です.
郵送用演題申込書類およびCD-R(テキストファイルとして演題名・演者・抄録の内容を保存したもの)を大会事務局抄録担当へ郵送してください.
演題提出の締切日は平成29年2月13日(月)(当日消印有効)です.
発表に際しては個人情報保護法に基づき,可能な限り患者の同意を得たうえで,個人の特定ができないよう配慮してください.

1) 学術展示・症例展示・症例報告
学術展示・症例展示には,パネル(高さ210cm x 幅90cm)を,症例報告には机(幅180cm x 奥行き60cm)を用意します. (パネルと机のサイズが変更になった場合は後日連絡いたします.)

2) 演題申込用紙入力方法
発表方法: 該当する項目を丸印で囲んでください.
演題名: 演題名を和文で記入してください.
演者: 筆頭演者には丸印をつけてください.非会員の共同演者は2名以内に限り認めます.
所属: 大学所属会員は大学学部講座名または診療科名を,開業医または勤務医の会員は都道府県名を記入してください.
連絡先: 展示責任者の郵便番号,住所,電話番号,FAX番号,Eメールアドレスを記入してください.

3) 抄録の作成方法
作成にあたっては,作成例を参照してください.
演題名(12ポイント),発表者全員の氏名(12ポイント)および所属を記入してください.抄録は,A4用紙設定に800字以内(10ポイント)で入力し,図表等を挿入しないでください.また作成に際しては,Microsoft社製ワープロソフト「Microsoft Word」を使用し,フォントは「MS明朝」・「MSゴシック」のいずれかを用いてください.
抄録は,事務局 抄録担当 工藤直樹(kudo-dc@e-mail.jp)までEメールに添付してお送りいただくかCD-Rを郵送してください.また確認のためPDFファイルの添付,あるいは印刷した抄録の郵送もお願いいたします.

(ア)学術展示
【目的】【方法】【結果】【考察】の順に具体的に記入してください.

(イ)症例展示(日本矯正歯科学会認定医更新業績ではありません)
【目的】【症例】【結果および考察】の順に具体的に記入してください.【症例】の項目には主訴,所見,診断,治療方針を記載し,【結果および考察】には治療経過,治療結果および考察を記載してください.

(ウ)症例報告(日本矯正歯科学会認定医更新業績ではありません)
【症例】【初診】【主訴】【所見】【診断】【治療方針】【治療経過】【考察】の順に記入してください.なお,症例は未発表の1例で,発表者自身が治療した症例に限定します.また,初診時・動的治療終了時・保定中あるいは保定後(動的治療終了後2年以上経過していることが望ましい)の各時点における以下の資料を提示できることが条件になります.
① 顔面写真(正貌,側貌)
② 口腔内写真 (正面,左右側面,できれば上下咬合面)
③ 平行模型
④ パノラマエックス線写真,または全顎デンタルエックス線写真(10枚法)
⑤ 側面頭部エックス線規格写真
⑥ 側面頭部エックス線規格写真分析
⑦ 模型分析
⑧ 初診時,動的治療終了時および動的治療終了2年以上経過時の側面頭部エックス線規格写真重ね合わせ
⑨ 必要に応じて,正面頭部エックス線規格写真,顎関節エックス線写真,顎機能分析等

(エ)認定医更新のための症例報告について
認定医制度規則および認定医制度施行細則により『認定医更新のための症例報告』の申請を受付ます.詳細は日本矯正歯科学会ホームページ(http://www.jos.gr.jp/)の会員専用ページより『認定医更新用の症例報告について』を参照してください.



Microsoft Office 2007以降が必要です

参加登録要項


事前参加登録,懇親会登録,宿泊,市民公開講座の申込は以下のサイトをご確認ください.


1) 事前参加登録締切日

平成29年4月13日(木)までに,添付の事前参加登録・懇親会・宿泊申込書にて申込をしてください.後日,参加費・宿泊費の振込用紙をお送りしますので,内容をお確かめの上お振込ください.参加費・宿泊費のお振込をもって事前参加登録完了とさせていただきます.

ただし,次の方は参加費減額対象者(学術大会参加費の減額に関する申合せの頁をご参照ください)となりますので,事前登録を行う場合は,事前登録申込書に記入の上,参加費をお振込ください.

① 本学会会員で,かつ大学院生(社会人大学院生を除く)および常勤の無給医局員であることが証明された方.
② 本学会会員の開設医院あるいは勤務病院・医院に所属するコ・デンタルスタッフ(歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手,その他)であることが証明された方.


* 減額対象者の資格証明方法について
・大学院生(社会人大学院生を除く)および常勤の無給医局員は,所属大学主任教授名の資格証明書を当日受付に提出する.
・コ・デンタルスタッフは所属会員名の資格証明書を当日登録受付に提出する.
* 減額対象者の大会参加登録証は,大会当日,資格証明書の提出と引替にお渡し致します.
* 当日登録受付に資格証明書を提出できない場合は当日参加(10,000円)の対象となりますのでご注意ください.

2) 大会参加資格

大会参加者は本学会会員,本学会会員の開設医院あるいは勤務病院・医院に所属するコ・デンタルスタッフ(歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手,その他)と認められた方,本大会講演者,本大会発表者および当日会費を支払った方とする.

3) 大会参加費

一般会員 8,000円(当日参加費10,000円)
減額対象者 4,000円(当日参加費 5,000円)
懇親会参加費 9,000円(当日参加費 10,000円)
減額対象者懇親会参加費 4,500円(当日参加費 5,000円)
新入医局員懇親会参加費 2,000円(当日参加費 3,000円)

5) 事前参加登録,懇親会登録,宿泊の申込について

添付の申込書に必要事項を記入の上,下記まで直接お申込ください.
(事前登録・懇親会登録・宿泊申込を同時にしておりますのでご注意ください)
〒010-0921 秋田市大町3丁目2-5
JTB東北 法人営業秋田支店 「第33回東北矯正歯科学会大会」係 担当: 柏木・近藤
FAX: 018-865-5189
TEL: 018-862-6193
URL: http://www.jtb.co.jp/shop/hojin-akita/
Email: akita2016@th.jtb.jp
営業時間 平日9:00〜17:30 (土日祝日は休業日となります)

第33回東北矯正歯科学会大会申し込みサイトからも申込可能です.

6) その他

本大会は,日本矯正歯科学会研修ポイントおよび日本歯科医師会生涯研修事業の対象になっております. 託児施設は用意しておりません.
第33回東北矯正歯科学会大会
大会長
安藤 葉介
実行委員長
藤田 俊哉
事務局長
山内 積
大会事務局
山内歯科・矯正歯科
〒010-0001 秋田市 中通 3-1-7
TEL: 018-832-5252
FAX: 018-832-5252
Email: seki@yama-ortho.info
大会事務局抄録担当
工藤 直樹 [工藤歯科医院]
〒015-0072 秋田県由利本荘市裏尾崎町10
TEL: 0184-22-4515
FAX: 0184-27-1771
Email: kudo-dc@e-mail.jp